“ハワイイ”の物語

「この物語の登場人物はすべて架空であり作者の想像の産物であるが、家は実在した。」

この文章が、この物語の幕を開ける。

ハワイのあるビーチの上に立つ特別な家。
”家が人を呼ぶように” いろいろな人物が登場し、物語をつむいでいく。
サーフィンは彼らをつなぐ大きなキーワード。

以前大好きなお店を訪ねた時、ディスプレイとして飾ってあったこの本。タイトルになぜかとても惹かれ、それ以来どうにかして手に入れたいと、本屋という本屋で探し続けた。ついに見つけた時には、心が躍ったのをよく覚えている。

軽やかで風が吹き抜けるような言葉が語る物語。ハワイに行ったことがなくても、サーフィンをしたことがなくても、なぜだか、その空気を感じた気になってくる。登場する人物たちは、みんな愛らしくて、人間味があって、よく小説なんかである、“作られすぎていない“感じが、読んでいて心地が良い。

それから小説には珍しく、間あいだに写真のページがあるのも魅力。だからより、場面が想像しやすくなるし、自分もこの家の住人かのような気分になってくる。



「あそこはぼくにとってはハワイでなく、ハワイイだった。あの島々を呼ぶ本来の言葉のままに、ハワイイだった。リゾートとショッピングの人たちが行くのがハワイで、波に乗りにぼくが行くのはハワイイ。」

作者である池澤夏樹さんの本はよく読むが、ハワイが題材となった本は他にもいくつかあり、そこでも「ハワイイ」と呼んでいる。きっとこのフレーズは、池澤さんご自身の言葉なんだろうなと、想像させられる。観光地化されたハワイじゃなくて、他の魅力的な表情も知っている彼だからこそ、言える言葉なのだ。

物語は人だけじゃなくて、家がつくることができる。そして、きっとどんな家にも物語はある。そう考えると、今のこのなるべくお家にいようという時期も、決して苦なんかじゃなくて、家と向き合い、楽しむための時間に使おうという気が起きてくる。

でもきっと、この本を読んだら海が見たくなり、サーフィンにチャレンジしたくなるだろう。それは、来年の夏まで、お預け。


カイマナヒラの家 (集英社文庫)

(amazonに飛びます)

いしかわあやか