もうひとつの時間へ旅する

本を読みたくなる理由のひとつとして、
「今の思考から頭をはなす」
ということがある。


仕事のこと、生活のこととか、
今じぶんにふりかかってる現実の出来事、
それに頭がおしつぶされそうなとき

ただ単に、ちがう世界をみたくなったとき

ほかの人の考えを知りたくなったとき

そんな時、
思い浮かぶのは、この星野道夫さんの本。

学生時代に自らの力でアラスカへ行き、
そのままその地に根をおろし、
自然を追い続けたカメラマン。

そしてそれは、
東京に住む友人の編集者が
仕事の合間をぬってアラスカに訪れ、
クジラが海から舞い上がったのを
一緒に見たときのことを書いた
この一節が、ずっと頭の中に
残っているからだと思う。


「その時、彼はこう言った。『仕事は忙しかったけれど、本当にアラスカに来てよかった。なぜかって? 東京で忙しい日々を送っているその時、アラスカの海でクジラが飛び上がっているかもしれない。そのことを知れただけでよかったんだ』
 僕には彼の気持ちが痛いほどよくわかった。日々の暮らしに追われている時、もうひとつの別の時間が流れている。それを悠久の自然と言っても良いだろう。そのことを知ることができたなら、いや想像でも心の片隅に意識することができたなら、それは生きてゆくうえでひとつの力になるような気がするのだ。」




あたたかな愛があって、
読むたびに胸がいっぱいになる
星野さんの文章。


いま自分が生きているこの時間と同じ時間に、
はるか彼方のアラスカという土地で、
なにが起こっているのかを
想像させてくれるのだ。

カリブーだったりクジラだったり、
熊だったり、
雪で覆われる植物だったり。

星野さんだからこそ、
見れた自然、表現できた自然、撮れた自然。
だからこそこんなにこころ惹かれて
想いを馳せることができるんだなと感じる。


毎週夫婦で唯一そろって聴く
好きなラジオ番組は、
”Traveling without moving”という
番組名なのだけれど、
本も「動かないで旅をする」ための
だいじなツール。



「思考を頭からはなす」のと同時に
悠久の自然へと意識を向ける。


そして旅から
そのまま戻ってこなかったりして。





長い旅の途上 (文春文庫)

いしかわあやか