「発展」を止める


一気読みしてしまった。
(暇があるって、いいこと)

気付いたら人間の生活は
お金を稼ぐことと
お金を使うことで
大半が成り立っていて

それで自分が幸せならいいんだけど
どうやら、そうでもない。

そのことに、みんな気がついているのに、
「仕方ない」と諦めモードな雰囲気。


世界を変えようとするのは
ヒーローにしか無理だろうか。



敵は、手強い。

この本が出版された15年以上前にも
同じことが話されていて、
2021年の今も、変わっていない。

変わりたくない、のか、
変えられない、のか。


変える理由は『正義』なんて
この本では言われていたけど
きっとそんなカッコイイ話じゃない。


結局は自分たちのためじゃないか。
ラクして楽しく生きたいじゃないか。
自分たちの明日の話じゃないか。
自分の子供の未来の話じゃないか。



この本では精神論で終わってしまった
“どうやって” この経済成長をやめられるか、
考えなければ、自分たちで。




経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか (平凡社ライブラリー 513)

いしかわあやか